最終目標は“自己肯定感・人間力の高い子”を育てること

教えるのは歌やダンスのスキルです。でもDreamboxの最終目標はスキルを上げ、アイドルとして活躍することだけではありません。アイドル活動を通じて自己肯定感が高く、生きる力の強い子を育てることを目標としています。これからの時代に必要なのはまずは根拠なき自信、すなわち“自己肯定感”です。今後さらに目まぐるしく世界が変わっていくことが予想されます。変化に対応…ではなく、変化を創っていく側のクリエイティブな人間に育てることが重要であると考えています。またこれからは“個の時代”ともいわれていますが、個が重視されるからこそ、自分と同じように周囲の人も大切にできる人間に育てていきます。

 

 

みんなちがってみんないい

個性こそが最高の武器!!Dreamboxでは「アイドルはこうあるべき」という概念を持たず、その子の持った個性を磨くことに専念します。誰かの真似をし、自分を偽るのではなく、自分らしく、ありのままで勝負することがその子が一番輝く方法です。わんぱくタイプ、恥ずかしがり屋さん、のんびり屋さん、真面目タイプ、どんな子でもありのままを受け入れます。